• 医師
  • 漢方をする
  • 漢方
  • 腹痛
  • 腹痛の女性

東洋と西洋の医学

看護師と医師

昔から西洋医学と東洋医学の2つに医療は分かれていました。
西洋医学では薬の開発や、メスを使って身体を切り開き、悪性腫瘍を取り除くことが行われてきました。
動物を使った実験も多く行われ、人間に適用しても大丈夫か判断されてきました。
実際にメスを使う場合、罪人や既に亡骸と成っている身体を使って、現在までの医学の進歩に結びついています。
東洋医学では、メスを使った摘出というよりも漢方薬中心の医療が行われてきました。
自然に生えている草や植物の根を使って作られている漢方薬も有ります。

女性特有の子宮内膜症では、メスを使って摘出する方法以外にも漢方薬を使った治療が行われています。
漢方薬は基本として、血流を良くすることはもちろん、消化器官の流れを良くすることも注目されています。
さらに癒着する箇所を未然に防ぐため、これ以上の被害を出さないように身体の基礎を作る働きが行われます。
年中通して問題視されている冷え性問題でも、身体の循環により基礎代謝もアップするので改善できます。

産婦人科で処方された薬が合わない場合、まじめに医師や看護師とのコミュニケ-ションをとることが大切です。

自分の症状を知る

医師

激しい生理痛により、我慢したり鎮痛薬を飲んでも収まらないケースが有ります。
このような場合、産婦人科で精密検査をして子宮内膜症と判断される女性が多数居ます。
会社でのストレスや家庭でのストレスにより、身体の異変に気づきにくいことも有ります。
セックスや排泄の際に痛みに気付いたとしても、発見が遅れると症状も軽減するのが難しくなります。

女性は男性に比べて冷え性であったり、貧血気味の人が多いとされています。
これらの症状でも、子宮内膜症に繋がることが有ります。

漢方の世界では、貧血を血虚と呼んでおり、生活習慣病が原因で健康面のバランスが乱されていると考えられています。
女性が敏感なダイエットや食生活に関して影響力が大きいため、過剰な食事制限は注意が必要です。

また冷え性のことを瘀血と呼んでおり、体内に流れる血流が悪くなることでストレスや冷えの原因とされています。
生理や出産など、女性は日常生活や人生においても血液が必要な生き物として存在します。
そのため血液の巡りが滞ってしまうと、万病の元になると言われています。

他にも漢方の世界の中で注目されている項目が有るので、自分の身体的な特徴を気にしている人が居れば調べてみると良いでしょう。

刺激が少ない

漢方をする

そもそも漢方とは、人工的に作られた薬とは違い、自然に生えている植物から作られています。
人工的な味の粉ミルクでも栄養価は高いものですが、母乳で育てた方が精神的にも栄養的にも良いとされているように、自然のものを使った方が悪影響が有りません。

大体の薬が食後に摂取するように呼びかけられていますが、漢方薬は食前や食間に摂るよう勧められています。
その理由として、人工的に作られた薬は刺激が強く、空腹の状態で消化してしまうと胃に負担がかかります。
薬の効果が強いものほど刺激が強いため、胃や腸などの消化器官に影響が出てしまうことも有ります。
漢方の場合、人工的な薬よりも刺激が少ない分、受ける影響も少なくて済みます。
何も先に胃に入れておかなくても、安心して消化することができます。

身体に優しい漢方薬なので、子宮内膜症の治療に使われることが有ります。
産婦人科で処方された薬が強くて合わない場合、漢方薬に変えてくれる所も存在します。

漢方薬専門店では、自分の体調に合わせたものを処方してくれるので、体質にあったものが選べます。

Powered by WordPress | Designed by: video game | Thanks to search engine optimization and seo agency