• 医師
  • 漢方をする
  • 漢方
  • 腹痛
  • 腹痛の女性

東洋と西洋の医学

看護師と医師

昔から西洋医学と東洋医学の2つに医療は分かれていました。
西洋医学では薬の開発や、メスを使って身体を切り開き、悪性腫瘍を取り除くことが行われてきました。
動物を使った実験も多く行われ、人間に適用しても大丈夫か判断されてきました。
実際にメスを使う場合、罪人や既に亡骸と成っている身体を使って、現在までの医学の進歩に結びついています。
東洋医学では、メスを使った摘出というよりも漢方薬中心の医療が行われてきました。
自然に

自分の症状を知る

医師

激しい生理痛により、我慢したり鎮痛薬を飲んでも収まらないケースが有ります。
このような場合、産婦人科で精密検査をして子宮内膜症と判断される女性が多数居ます。
会社でのストレスや家庭でのストレスにより、身体の異変に気づきにくいことも有ります。
セックスや排泄の際に痛みに気付いたとしても、発見が遅れると症状も軽減するのが難しくなります。

女性は男性に比べて冷え性であったり、貧血気味の人が多いとされています。
これらの症状

刺激が少ない

漢方をする

そもそも漢方とは、人工的に作られた薬とは違い、自然に生えている植物から作られています。
人工的な味の粉ミルクでも栄養価は高いものですが、母乳で育てた方が精神的にも栄養的にも良いとされているように、自然のものを使った方が悪影響が有りません。

大体の薬が食後に摂取するように呼びかけられていますが、漢方薬は食前や食間に摂るよう勧められています。
その理由として、人工的に作られた薬は刺激が強く、空腹の状態で

Powered by WordPress | Designed by: video game | Thanks to search engine optimization and seo agency